チアダンス用語集


●タンブリング・リフト・トリック・パートナーリングとは

・タンブリング(Tumbling) 他の選手との接触及び補助無しで個人が行うアクロバット技をさし、フロア上から始まりフロア上に着地する。

・リフト(Lifts) 単一の選手が、1名または複数の選手によってフロアから持ち上げられ、着地する動き。

・リフトは”持ち上げられる(実施)”選手と”持ち上げる(補助)”選手で構成される。

・トリック(Tricks) 単一の選手が、1名または複数の選手にサポートされた状態で技を実施する動き。トリックは”技を行う(実施)”選手と”サポートする(補助)”選手で構成される。

・パートナーリング(Partnering) 2名または複数の選手がサポートしあう動き。但し、持ち上げる動きは含まない。

 

●あ行

・アクセル ターン (Axle Turn) 片脚がロン デ ジャンからパッセになり、もう片方の脚(軸足)は床を押して(蹴って)から、身体の下でタックし、空中で回った後に元の軸足で着地するターン。

・アティチュード (Attitude) 片脚で立ち、もう一方の足を前、横、後ろのいずれかの方向で膝を曲げるポーズ。

・アド オン (Add on) 一つの動き(振付)に踊る人数を加えていく視覚的効果。

・アラベスク (Arabesque) 片脚で立ち、もう一方の脚を後ろに伸ばしたポーズ。

・ウィンド ミル (Windmill) 脚をV字にして身体の周りで回し、背中から胸に向かってスピンするタンブリング。

・足のポジション (Positions of the Feet)

1番 - かかとがつき、つま先は外側を向いた状態でターン・アウト(パラレルでも実施可能)

2番 - 肩幅に足を開き、つま先は外側に向いた状態でターン・アウト(パラレルでも実施可能)

4番 - 5番から肩幅に前方/後方に開き、重心は両脚の間にある(パラレルでも実施可能)

5番 - 後ろの足のつま先の前に、前の足のかかとがついた状態でターン・アウト

・エアリアル カートウィール (Aerial Cartwheel) 手をフロアにつかずに行う側転。空中で回転を伴うタンブリング。

 

●か行

・キップ アップ (Kip up) 仰向けで膝を曲げて脚を胸に押し付け、少し後ろへ回転してから上へキックし、その力によって垂直に起き上がるタンブリング。

・グラン ジュッテ (Grand Jete) 片脚を真直ぐに伸ばした状態で振り上げ、空中で前後開脚姿勢を取るリープ。

・グラン パ ド シャ (Grand pas de chat) 片脚の膝を曲げてから前に伸ばし、空中で前後開脚をとるリープ。

・後転 (Backward Roll) 背中を丸め、後方へ転がる。床を離れないタンブリング。

・後方支持回転 (Back Walkover) 手を床について後ろの方へアーチを作り、その後腰が頭を越え、片脚ずつ着地する回転。床を離れないタンブリング。

 

●さ行

・サイド ソミ (Side Somi) 横方向のポジションでタックする、空中で回転をともなうタンブリング。

・シェネ (Chaine) 一方向線上に行う連続のターン。

・シャッセ (Chasse) 片方の脚がもう一方の脚を“追いかけ”元のポジションに戻るステップ。

・ジャンプ (Jump) 両脚で踏み込み、同じ脚もしくは両脚で着地する動き。腰が頭上を越える回転を含まない空中技。

・シュシュノヴァ (Shushunova) 両脚が開いたジャンプ(トータッチ)で、うつ伏せのサポート(腕立て伏せのポジション)で着地すること。

・ショルダ- ロール (Shoulder Roll) スクワットかタックした状態からスタートし、肩の後ろが床に接地した際に前または後ろへ回転する。頭は床に接地しないように横へティルトすること。

・スイッチ リープ (Switch Leap) 片方の脚をスウィングさせ、位置や方向を変えるリープ。

・スウィング リフト (Swing Lift) 上下の動きによってカーブや弧を描きながら、リフトされている人の勢いが増していくリフト。

・ストール (Stall) ヒップホップの技で、全てのボディーモーションを止めるタンブリング。片手、もしくは両手の支持により、ユニークな姿勢やインバート姿勢等で行われる。フリーズ(Freeze)ともいう。

・スプリット ジャンプ (Split Jump) 両脚で踏み込み、空中で開脚の状態から両脚で着地する動き。

・スリー ステップ ターン(3 Step Turn) 3つのステップで実施されるターン。顔は正面のままで横へステップし、2番ポジションの後ろ向きにもう一方の脚を反対側にステップする、最初の脚を再度顔が前を向くように2番ポジションへ開く。

・セカンド リープ (Second Leap) 空中でセカンド・ポジションにて脚を開くために、サイドで実施されるグラン ジュッテ。グラン ジュッテ ア ラ セゴンド(GrandJete a la Seconde)ともいう。

・前転 (Forward Roll) 背骨を丸め、前方へ転がる。床を離れないタンブリング。

・前方支持回転 (Front Walkover) 両手を床について前方へ回転し、両脚を腰を頭上へ上げてインバーテッド・ポジションから反り、片脚ずつ着地して直立に戻る。床を離れないタンブリング。

・側転 (Cartwheel) 両手を床につき、横に回転しながら逆さの状態を経過して片脚ずつ着地する。床を離れないタンブリング。

 

●た行

・ターン (Turn) 体を回転させる動きの総称。

・ターン アウト (Turn out) 脚の付け根から外側に回転させた脚のポジション。

・タンデュ (Tendu) つま先を床につけたまま、片方の脚から離してもう片方の脚をストレッチするように押し出す動き。

・ドゥミ プリエ (Demi Plie) かかとが床についたまま、半分膝を曲げる動き。

・トス (Toss) サポートを行う選手が実施する選手の高さを増大するために投げる空中技。実施する選手は演技フロアから浮くが、少なくとも一人のサポートする選手と手/腕/身体と手/腕がつながっていること。

・トウ タッチ ジャンプ (Toe Touch Jump) 空中で左右開脚姿勢を取るジャンプ。

・倒立 (Handstand) 腕が頭と耳に沿ってまっすぐに伸ばされた逆さで直立のポジションをとる床を離れないタンブリング。

・飛び込み前転 (Dive Roll) 手と脚が演技フロアから同時に離れ、手を床につき前へ回転するタンブリング。パイク姿勢とレイアウト姿勢があり空中での回転を伴う。

・ドロップ オフ (Drop off) 一つの動き(振付)から踊る人数を減らしていく視覚的効果。

 

●な行

・ノー カウント ロール オフ (No count Roll off) カウントにとらわれずにロールオフを流して行う視覚的効果。

 

●は行

・パイク (Pike) 両脚を伸ばしたまま、腰から身体を曲げる体勢。

・パッセ (Passe) “通る”の意。片脚がもう片方の脚の膝に触れている状態。ターン・アウトでもパラレルでも実施される。

・パ ド ブレ (Pas de Bourree) 3つのステップをふむ動き。

・パラレル (Parallel) 両脚の腿、膝、つま先が正面を向いているポジション。

・ハンドスプリング (Handspring) 両腕に体重をかけて肩から強く押し、身体を跳ね返し両脚で着地するタンブリング。前方・後方あり。転回ともいう。空中での回転を伴う。

・ピケ (Pique) ルルベの状態でまっすぐに伸ばした脚を直接床に置くこと。

・ヒッチ キック (Hitch Kick) 片脚をふみこみ、空中で反対の脚を入れ替えて振り上げる動き。

・ピルエット (Pirouette) 4番プリエから片脚に体重を乗せ回転するターン。パッセやアラベスク、アチチュードなどといったポジションのバラエティーで実施される。

・フェッテ ターン (Fouette Turn) 軸足に重心を乗せ、作用する脚で自身を中心に円を描くように回しながら回転するターン。グランフェッテ、フェッテアラスゴンドなど作用脚のポジションによりバリエーションがある。

・プリエ (Plie) 膝を曲げる動き。

・ブリッジ (Bridge) 手と足はフロア表面に付き、アーチ状に腰を上へ押し上げた仰向けの体勢。バックベンド(Back Bend)ともいう。

・ヘッド スタンド (Headstand) 床に手をついて頭で垂直に自立するポジションをとる床を離れないタンブリング。

・ヘッド スピン (Head Spin) 頭を床につき自分でスピードをつけ、自分の頭を軸にして回るタンブリング。脚は様々なポジションで行うことができる。床を離れないタンブリング。

・ヘッド スプリング (Head Spring) 両手と頭を床に置き、3点倒立状態から脚は頭を越え、跳ね返るように両脚で着地するタンブリング。空中での回転を伴う。

・ペンシル ターン (Pencil Turn) 軸足の横に、もう片方の脚をまっすぐの状態で横にとどめて実施するターン。

・ボール チェンジ (Ball Change) 重心を片脚の親指付け根部分から、もう一方の脚全体にシフトする動き。

 

●ら行

・ラウンド オフ (Round Off) 片脚で地面を蹴り、両手をつくと同時に両脚を振り上げて、両脚を揃えて勢いよく降ろし、同時に着地するタンブリング。空中での回転を伴う。ロンダード(Rondade)ともいう。

・リープ (Leap) 片脚で踏み切って、もう一方の脚で着地する動き。

・ルルベ (Releve) 持ち上げること。足の親指の付け根の上で立つこと。

レイ アウト (Lay out) 作用する脚が前に伸びている状態で上反りになること。また伸身宙返り(両脚でふみこみ、手を床につかずに全身がまっすぐに伸びた状態で空中で回転するタンブリング)の意味もある。

・ロール オフ (Roll off) 一つの動き(振付)をカウントをずらして行う視覚的効果。

・ロン ドゥ ジャンプ(Rond De Jambe) 脚をまっすくに伸ばし、つま先で床に弧を描く動き。