ヒップホップダンス


もともとヒップホップ (hip hop) は、1970年代のアメリカ合衆国ニューヨークのブロンクス区で、アフロ・アメリカンやヒスパニック系の住民のコミュニティで行われていたブロックパーティから生まれたダンス・音楽文化です。

ヒップには「かっこいい、とんでいる」ホップは「跳躍する」などの意味があり、当日の社会情勢などが背景に生まれたストリートカルチャーです。チアダンスの中の「ヒップホップ」は、ストリートスタイル(Hip Hop・Funk・Lockingなど)の動きとリズムを取り入れたダンス部門のことをいいます。

 

競技大会では中でも、リズムをキープしたり、ボディアイソレーションやコントロール、ステップワークなどを取り入れた同調性溢れるダンスが重視されます。視覚的効果(フォーメーションをチェンジしたり、グループワークを取り入れたり、連続性、立体的な変化をもたらすなど)を取り入れ、音楽を生かしたダイナミックで創造性溢れる振付構成が求められる点も他の部門との違いです。

チームとしての正確さや均一性、一体感が表現の部分に密接に関与しており、自由度が高いながらも、工夫と鍛錬の必要な部門です。

 

また、ヒップホップにはこれ!と言った決まった形がなく、時代によって様々なスタイルが存在します。

ヒップホップダンスの衣装も時代によって様々変化しており、チアダンスチームも様々な変容を見せています。

ポンダンスとは違い、チームカラーにとらわれることなく、表現したいものを体現する一部として、様々な衣裳があります。

衣裳やメイク、そして構成・音楽などから、ヒップホップ部門は総合的芸術面も高く評価される部門です。