ジャズダンス


ジャズダンスは、「バレエ」のテクニック、バランス、柔軟性、ターン、ジャンプと、「ヒップホップのリズムどりやスピード感、テンポの良さ、それら全てを融合させた上に「表現力」を加味した総合ダンスです。20世紀はじめにニューオリンズで誕生。当初アフリカ系アメリカ人がジャズミュージックに合わせて踊っていたことからJazzダンスと呼ばれています。

現在では、アイドルグループやアーティストなども音楽舞台で取り入れており、最も一般的に知られている親しみやすいダンスとなっています。宝塚や、劇団四季、ディズニーランドのショーなどで踊られているものもジャズダンスです。

 

中でもチアダンスの一つの要素となっているジャズダンスは、バレエを基礎とするしなやかで流れるような動きを中心としたダンスが特徴です。競技大会の際もチームとしての正確さ、均一性、一体感が求められる難易度の高い部門です。

競技大会では特に、軸を意識したボディコントロールやバランス、正確なダンステクニック・スキルを取り入れた、同調性溢れるダンスが重視されており、優れた音楽の解釈と視覚的効果(フォーメーションのチェンジ、グループワーク、連続性、立体的な変化)を取り入れた創造性のある振付構成が求められまうs。

 

Jazzダンスはアップテンポなものからスローなバラードまで表現の幅が広く、曲によって振り付けも衣装も違うため、創意工夫を必要とします。そして色んなジャンルの音楽に合わせて、自由な感性で感じたことを身体全身で表現していくことこそ、ジャズダンスです。

バレエ要素が入るという事もあり、基礎を重視することになるので、ダンス未経験者や初心者の方も無理なく楽しめるダンスの一つです。